*

30代の女性が40代にかけて考えておくべきこと4つ

      2015/08/18

30代の女性が40代にかけて考えておくべきこと4つ

まだ何とかなる30代

あっという間に楽しい20代が終わり、悲しいかな、いつのまにかアラサーを迎えてしまうものです。

30代に突入すると、20代の頃とは色々とワケが違ってきますよね。

20代の頃であれば、とりあえずその時が楽しければ深く考えなくても良いことがたくさんありました。

しかし30代は、将来を見越して過ごすことが最も大切な時期となります。

なぜなら、40代に突入してしまうと、『こんなはずじゃない!』と軌道修正を試みても、もう手遅れ、どうにもならないなんてことが多いからです。

30代であれば、今までの20代までが上手くいっていなかったとしてもまだまだ挽回出来るし、これから先の将来に備えることができます。

もちろんなかには40代から幸せを掴む人もいますが、そういう人は30代をそのための準備期間として過ごした人であるケースが多いはず。

…ということで、これから30代を迎える人、もう30代に突入している人は、これからの人生を考える上で参考にしてみて下さい。


30代の内に考えておくべきポイントはこの4つ。

30代の内に考えておくべきポイントはこの4つ。

  1. 恋愛・結婚
  2. 仕事・お金
  3. 友人・人付き合い
  4. 趣味・生き甲斐

20代の内はあまり深く考えていなくても楽しく過ごせたと思いますが、30代になると特に意識すべきポイントはこれらの3つです。

特に女性の場合、結婚をするしないによって今後の人生が大きく変わるし、それにともなって仕事やお金の問題も発生してきます。

そして、仮に結婚をしないのであれば、それに代わる趣味や生き甲斐を見つけることが残りの人生を充実させるために必要なポイントです。

では、これらのポイントを一つずつ詳しくみていきましょう。

30代の恋愛・結婚について

30代の恋愛・結婚について

昔は20代のうちに結婚するというのが女性にとってひとつのターニングポイントだったようです。

しかし最近では晩婚化が進み、晩婚化どころか生涯に渡って結婚しない、結婚したくないという人が急増していますよね。

昔の人からは偏見があるかもしれませんが、これは決して悪いことと一概には言えません。

人それぞれ事情は違いますが、例えばこんな理由があると言われています。

  • 結婚に対してデメリットしか感じない。
  • 人生の生き方を考えた結果、結婚よりも仕事中心で生きていきたい。
  • 結婚したいと思える人と出会えない。

昔は男性が働いて女性が子育てをする。それが良しという風習がありましたが、今は違います。


男性だからこう、女性だからこう、という価値観はもう時代遅れなのです。

例えば、

  • 男性に引けをとらずキャリアウーマンとして仕事に人生を捧げたいという女性もたくさんいます。
  • 男性不信、結婚して特定のひとりと一生を過ごすなんて絶対に嫌という人もいます。
  • お金持ちの男性としか結婚したくない、という夢を諦めきれない女性もいます。
  • 無理して結婚するのではなく、良い人と巡り合えれば結婚したいという人もいます。
  • 結婚なんて40代からでも良いという人もいます。

理由や考え方は人それぞれ。

どういう生き方が正しい、どういう人生が間違っているのではないのです。

ただ、いずれにしても、結婚を望むのか仕事や趣味で生きて行きたいのかをしっかりと考え、それに合わせた30代40代の過ごし方をすることがポイントです。

何事も目標や、それに対してどう行動するかが大切。

『とりあえず、なりゆきで…』と考えていると、そんな都合良く上手く行くはずがありませんよね。

結婚にしても、40代に突入すると結婚どころか恋人がいないという人の割合が8割にまでのぼると言われています。

決して恋人を作りたくないわけじゃないのに、出会いが必然的に少なくなり、自分から求めない限り出会いの幅はどんどん狭まってしまいます。

これからどういう生き方をしていくのかをしっかりと把握し、それに伴った行動をしていくことが大切です。

30代からの仕事をどうするか?

30代からの仕事をどうするか?

結婚をして子供を作る人、結婚をしない人で仕事の選び方が異なってくるはずです。

子供ありきで考える人は、子供ができるまでは共働き、子供が育ったら職場に復帰など、様々なケースが考えられます。

人によっては一生専業主婦になったり、パートで家計の足しにしていくという人も多いかと思います。

大企業や公務員のように子育てが落ち着いたら職場に復帰できるケース、できない会社もあるのでそれらを考慮して仕事のことを考えておきましょう。

結婚をしない前提で生きていく人は、一人でも生きていけるだけの経済力が必要です。

そう考えると、正規雇用で終身雇用をしてもらえる会社や仕事を選んでおくこと大切です。

40代や50代になるとなかなか厳しいですが、30代までなら就職や転職も不可能ではありません。

企業によっては、30代の女性の場合は就職しても結婚してすぐに辞めてしまうんじゃないかと危惧している会社もありますので、もし結婚する予定がないようであれば、それを面接で伝えておくのも良いかもしれません。

生涯に渡って付き合える友人を作ろう

生涯に渡って付き合える友人を作ろう

まだ20代の若い頃は、人付き合いを広く浅く過ごしてきた人も多いんじゃないかなと思います。

それだけ色んな人と自然に知り合うきっかけがあったんだと思いますが、30代以降になると新しい人と知り合うきっかけがほとんどなくなってしまいます。

それに加え、30代ともなると周りは次々に結婚していき、疎遠になってしまうなんてことも珍しくありません。

だからこそ生涯に渡って付き合っていける身近な人を大切にしましょう。

たとえ人数は少なくても、あなたのことをよく知っていて深く付き合える仲間というのはとても大切な存在です。

独身の場合は特にそうですよね。40代や50代になって友人や知り合いがいないという人生ほど悲しいものはありません。

30代の内に、積極的に友人を増やす努力もしておくことをおすすめします。


趣味や生き甲斐を作る。

趣味や生き甲斐を作る。

結婚や仕事もそうですが、人生において趣味や生き甲斐も同じぐらい大切です。

人生の生き方は人それぞれですが、趣味や生き甲斐があると人生を充実させることができるきっかけとなります。

歳をとればとるほど、人生において趣味や生き甲斐の存在が必要になるものです。

何をやっても楽しかった10代や20代の頃にはなかなか気付けないものですが、30代になって今後の生き方を考えるからこそ趣味や生き甲斐のことも本気で考えましょう。

一人でできる趣味でも良いし、友人と一緒に楽しめる趣味でも何でも良いと思います。

最後に

いかがでしたか?

30代になって初めて気付くことも沢山あるかと思います。

もっと言えば40代になってこそ気付くこともあるのです。

それは50代も60代も同じなのかもしれません。

しかし、先ほどもお伝えしましたが、人生を成り行きだけで過ごしていると、今後の人生にとって大切な何かを見過ごしてしまう可能性があります。

今後の人生を豊かに過ごすためにも、ある程度は意識して過ごすことも必要なのです。

今の内にぜひ一度、しっかりと見つめ直してみて下さい。


  関連記事