*

『あざとい』の意味は女の特徴を見ればすぐ分かるよ!

      2017/10/03

あざといの意味とあざとい女の特徴

『あざとい』の意味

意味が分かりづらい日本語に『あざとい』という言葉があります。

日常的に使う言葉ではないので、身近ではあまり聞きませんよね。実際に使われるケースとしては、

  • 『うわ~あざといなぁ』
  • 『あざとい女』
  • 『あの女、なんかあざとくね?』

なんて、負の言葉で使われることが多いと思います。

あざといとは本当はどんな意味なのか、はっきり説明できる人って少ないのではないでしょうか?

でも実は意味が分からなくても『あざとい』を使っている人が多いのではないかと思います。



『あざとい』を他の言葉で言い表すと、なんとなく『性格が悪い』とか『卑怯者』のような印象があると思います。

辞書で調べてみると、正解はこれです。

  • 抜け目がなく貪欲である。あくらつだ。情け容赦もなく、たちが悪いこと。あくどい。

意外にも『貪欲』とか『情け容赦もなく』なんて意味もあるのですね。いずれにしても、いいイメージはまったくありません。

そして、そんなあざとい女が増えているんだとか。まぁみんな本音と建前はあるので、みんながみんな性格が良くて綺麗に生きているかと言えば違いますよね。

それに女性ともなると、どうしても力では男性には勝てないし、経済力にしても男性を頼って生きて行きたいなんて思っている人はたくさんいます。

今回は、そんなあざとい女はどんな女性なのかを例に見ていきましょう。

あざとい女の特徴

そんなことないよー!待ち。

あざとい女の特徴

自分の顔をブログにアップして『はぁ…。もっと可愛くなりたい。』

もうこれ、ネットの世界ではよくみかけますよね。ほんとは自信満々なベストショット。(フォトショ加工済み)

ブログやツイッターなど、気軽に知らない人に自分をアピールできる世の中になったからか、そこらじゅうに蔓延しています。

実は自分のことをアピールしたい『あざとい女』がたちません。

思いっきりフラッシュで飛ばして顔を綺麗にみせたり、斜め上から上目遣いで撮っていたり。すべてはこう言われたいために、あらゆる手を駆使します。

『そんなことないよー!』

実は本気で狙ってるくせに。ネットの世界では『そんなことないよー待ち』なんて言われています。

見ている方としては、『むかつく』もしくは『かわいそうな人』と思われるだけなのでやめましょう。


ひとりの時と群れでいる時でキャラが違う。

ひとりでいる時は、男性に媚びる謙虚で大人しい子。

でも仲間内だと急に毒舌になるあざとい女。

群れの中じゃないと強がれない。

そういう人はきっと負けず嫌いでプライドが高い、でも実は臆病なのかもしれません。

裏表があまりにありすぎると、同性からも嫌われるし、男性からは『この女、めんどくせぇ』と敬遠されてしまいますので、気をつけましょう。

自分を下の名前で呼ぶ。

自分の呼び方は色々あります。普通は「私」「あたし」。

なかには「自分」と呼ぶ人もいますが、一番痛いのは自分のことを下の名前で言っちゃう子。

もっと重症になると「○○ちゃん」なんて「ちゃん」まで付けて呼んじゃう重症な場合もあるようです。

胸元ばかりを強調する。

胸元を強調する女

胸こそが女の武器だと勘違いしている人がいます。胸さえみせておけば男性の気を引けるなんて簡単に思ってはいませんか?

男性は単純な生き物と言われますが、男性からしたら『胸が大きくても顔が…』『ただのデブじゃん…。』というようなことになりかねません。

合コンや飲み会の席であまりに胸を強調した服装をしていくと『この子やれるんじゃね?』とは思われても『真面目に付き合いたい』なんて思われることはありません。

動物を見て『かわい~』

動物が可愛いのは当たり前。

女性の中には「かわいい~」と言っている自分を「可愛い」と思われたいという悪質なケースが見受けられます。何をしていても周りから可愛いと思われたい。

動物を利用してまで自分が可愛いアピール…きっとこんな子こそあざとい女なのでしょう。


いつでも『アヒル口』

いつでも『アヒル口』

いつでも、どんな時でも、男性の前や写真を撮る時は「アヒル口」にするあざとい女。

こちらも例外になく、自分のことを可愛いとアピールすることに必死で、とにかくモテたいという気持ちだけで生きています。

日常生活で普通にするしぐさのなかに「アヒル口」なんてものは存在しません。

アヒル口なのはもともと生まれつきか、もしくはアヒルぐらいだと思います。

故意に作ったアヒル口ほど見ている側を不愉快にさせるものはありません。

必要以上のボディタッチ

必要以上のボディタッチはあざとさMAX

恋愛本で学んだのかなんなのか知りませんが、飲み会などで必要以上に男性にボディタッチするあざとい女がいます。

ボディタッチをすれば男性の気を引けるなんて心から思っていませんか?

それはタダの勘違いです。相手によります。笑

なかには、自分が気がない相手にもボディタッチをして、とりあえず相手を勘違いさせようなんて思っているあざとい女がいます。

玉の輿を狙うあざとい女

玉の輿を狙うあざとい女

女性であれば、金持ちのイケメンと結婚したいのは当然です。

それをサラっと実現させてしまうのが女子アナやモデル。

清楚で真面目で美人。結婚する相手はいつも決まって金持ち。

一般の女性は心の底にはそういう気持ちがあっても、それを現実にすることは出来ません。

しかし、女子アナやモデルともなれば狙った通りに玉の輿を実現させます。

結局のところ、金と顔なんだなと気付かせてくれるあざとい女の代表とも言えます。

いつまでもチヤホヤされたい。

いつまでもチヤホヤされたい。

若い頃にチヤホヤされたのがいつまでも忘れられずに、結婚しても、40代50代になっても人前でチヤホヤされたいと思うあざとい女。

別名、美魔女とも言います。

芸能界でもよくありますが、金持ちと結婚して引退したと思ったら、子育てがひと通り終わった頃に復活。

そしていかに自分がゴージャスな生活をしているのかをチラつかせる。

素敵な旦那も財産も手に入れたのに、まだ物足りない。

そう、自己顕示欲の塊。

このような女が増えてしまうと、これからデビューする若い女性の枠を奪ってしまうことになりかねません。

「自分が自分が」ではなく、周りに譲るという謙虚さを忘れてはいけません。

女性であればいつまでもモテたいチヤホヤされたい気持ちはあります。

しかしそこを思いっきり自分を前面に出してくると、周りからの目は「見苦しい」のひとこと。


金持ちの親、そして美人な自分。

金持ちの親、そして美人な自分。

親が金持ちで美人に生まれてきた自分。

それだけで周りより上だと思って生きている、勘違いな女性がいます。

たまたま運が良かったのを、あたかも自分が凄いかのように、周りを蔑んだ目で見ているあざとい女。

そういう女性は常に謙虚にしているのが吉。

そして、これを書いている私も…。

あざとい女について紹介するといいながら、実はストレスをぶつけている私。嫉妬以外の何者でもありません。

あざとい女に嫉妬する、そんな自分もあざとい女。

女の世界は所詮、顔。

女は生まれつきの顔だけで超イージーにも超絶ハードにもなっちゃう事実…(・ω・)ウウッ

父親が金持ちで母親が美人パターンの家庭に生まれた子は、顔も金も育ちの良さも完全装備してイージーモードスタートなんです。

私、大人になって気付きましたが、人生を楽しむために必要なアイテムは結局顔と金なんですね(*ω*)モウヤダ

あざといの意味まとめ

いかがでしたか?

あざといの意味はご理解いただけたでしょうか?

このように、みているだけで心底ムカついてしまうあざとい女は実際にたくさんいます。あなたは周りからそんな風におもわれないように気をつけて下さいね。笑

それにしてもあざといっていう意味は言葉だけだとイメージしにくいですよね。

出会い系サイトには、私のようなあざとい女がたくさんいますよ(^ω^)あ、男もか。

顔が良くてリアルでモテる人には全く不要なサイト、つまり嫉妬にまみれた闇の深いあざとい人間のコミュニティなのです。


  関連記事