*

満員電車で私が人間不信に陥る7つのポイント

      2017/04/26

満員電車で私が人間不信に陥る7つのポイント

満員電車はストレスだらけ

通勤や通学で電車を使っている人はとても多いですよね。

特に都心の人は通勤の満員電車が一つのストレスとなっているのではないでしょうか?

ストレスを感じている人も、ストレスを与えている人も、お互いにストレスを感じているんだと思います。

毎朝、毎晩とても疲れますよね。

私は都心に通勤しているので、満員電車のストレスはとても耐えがたいものがあります。

私は都内で何回も引っ越しをしているので、今までに東京の中でも通勤ラッシュがワーストに入ると言われている山手線、中央線、東武東上線、東西線を利用していたことがあります。


毎日利用しているとホントに色んなことがあるわけで、満員電車の中はいつもトラブルだらけです。

痴漢やスリみたいなのは論外ですが、とにかく喧嘩が多いですね。

酷い時はオジサンと若者が殴り合っている見苦しい光景も。

よほど勘に触ったのか、いつまでもしつこく追い回している人もいます。

まぁそこまでするぐらいだから余程何かムカつくことがあったのでしょうね。

まわりはドン引き、どころかみんな無関心。

変な人には関わりたくないというのが本心です。

電車の人身事故多過ぎ…

電車の人身事故多過ぎ…

そして極めつけは人身事故。

人身事故は時期にもよりますが、毎日のようにどこかの路線で発生しています。

私も自分が乗っている電車で人身事故が起きたことは何度もあります。

中央線や東武東上線は特に多かったように思います。

『ガタッ、ガタガタガタガタ…』

大抵の場合、こんな感じです。

石か自転車でもぶつかったのかなと思うと人身事故です。

そして車両の下からブルーシートが…。

人身事故に遭遇すると、救助活動30分、現場検証30分でトータル1時間は閉じ込められます。

そうなるとたとえ自分が乗っている電車でなくても、後続の電車はすべて1時間遅れになります。

さらには1時間分の乗車する人数が溜まってしまうため、満員どころではなく押しつぶされそうになって肋骨を骨折する人も出るぐらいの状態に…。

まさに地獄絵図。

朝からたまったもんじゃありませんが、最近では帰宅ラッシュの時間を狙って飛び込む人も多く、終電が人身事故なんてことも珍しくありません。

飛び込む人の心境も尋常ではないのはわかりますが、それによって人に迷惑をかけるのでやめてもらいたいです。

会社には遅れるし閉じ込められるし、朝からストレスで体調悪くしますよね。なんだかなぁって感じですね。

ちょっと話が反れてしまいましたが、まぁそんな感じでみんなストレス溜まってるんだろうなとは思いますが、明らかに人に迷惑をかけている人が多いように思います。

あなたは人間不信に陥っていませんか?

人間性を疑う人に遭遇していませんか?

今回はそんな満員電車で人に迷惑をかけている人のパターンを紹介したいと思います。

私が人間不信に陥るポイントに共感してもらえたら嬉しいです。笑


満員電車は人間性があらわれる空間

満員電車は人間性があらわれる空間

満員電車は、その人の人間性が垣間見える空間でもあります。

会社や家庭、友人の前では見せないその人の素の本性が出る絶好の場なのです。

なぜなら、その空間には知人や友人がいないから。

周りにいる人間が知らない人だからこそ『どう思われても平気』なのです。

知らない人にどう思われようが関係ない。

だからこそ人間性が露骨に出るものです。

それこそまさに本性。

会社や友人の前では『人から見られている自分』であり、本来の自分を偽って生きているのです。

人間誰しも偽善者になっている部分もありますよね。私だってそういう部分はあります。

良くも悪くも満員電車はその人の人間性が思いっきり表れるのです。

次は、私が人間性を疑う人や人間不信に陥るポイントを紹介しますね。

とりあえずこの場は自分のことは棚に上げさせてください。笑

満員電車で私が人間不信に陥る7つ

満員電車で私が人間不信に陥る7つ

満員電車の中にいる迷惑な人を見るたびに人間不信に陥ります。

あまりにも見苦しい姿を何度も目撃してしまうと、ゲンナリしちゃいますよね。

人間不信というか人間性を疑わざるを得ません。

『こいつもか!』

って思うことがほんとによくあるんですよ↓

もしかしたらその人も毎日毎日仕事でストレスを抱えていて、人のことまで考える余裕がないぐらい追い込まれているのかもしれません。

ほんとは悪気があるわけではなく、普段の人間性もそんな人ではないのかもしれません。

でも、余裕がないからといって人に迷惑をかけていることすら気付かないようでは、いくら悪気がなかったとしても『そんなことも気付けない残念な人』に違いはないと思ってしまいます。

はっきり言って人間性を疑いますね。痴漢やスリなんかはもちろん論外ですが、私がよく満員電車で『なんだかなぁ…』と人間不信に陥るのはこんな人を見た瞬間。

人間性を疑う人ベスト7はこれです。

  1. ドア側にいるのに内側を向いて立つ俺様野郎。
  2. 乗車時に並んでるのに人を押しのけてまで我先に乗り込むジジイ。
  3. 混んでるのに新聞を思いっきり全開にするオジサン。
  4. ドアが閉まるギリギリまでわざと乗らずに、ドア側をキープするババア。
  5. 満員のなか無理矢理乗り込んできたくせにスマホや本を読むスペースを空けるバカ。
  6. リュックを手に持ち変えず、ガシガシ当たってるのに気付かないキモオタ。
  7. スマホを前の人の肩の上に置いて操作するブス。

つい思い出して言葉が悪くなってしまいましたが、これぐらいでしょうか。

まだたくさんあると言えばありますが(笑)

私も1度や2度こういう人たちに遭遇するぐらいなら別になんとも思いませんが、毎日のようにこんな人を見掛けます。

自分が当事者じゃなくてもすごく嫌な気分になるのです。

日本にはこんな人間性を疑う人がたくさんいるのでしょうか?

この他にも男性のなかには、化粧をする女性が許せないという人もいるそうですが、化粧に関しては人に迷惑をかけているわけではないので、別にいいんじゃないかと思っています。

私の中で人間性を疑う最大のポイントは、とにかく人に迷惑をかけることです。

人に迷惑をかけているにも関わらず気付かない、分かっていても知らん顔している人。

逆に態度や身なりが悪くても、人に迷惑かけていなければそれでいいと思います。


50代~60代のマナーが悪い気がする

50代~60代のマナーが悪い気がする

最近面白かったは、帰宅ラッシュの満員電車。

オジさんがカップ酒を飲んでいて、胸ポケットにさきイカが入っていたことです。

たしかにこれならお酒を飲みながらつまみを食べるのに便利だなぁって関心もしたんですが、車内に臭いが充満していました。

周りの人もチラチラ見てたりしてたんですが、本人はまったく気にすることもなく晩酌してました。

周りの迷惑を気付かないのか、それともわざとやっているのか…。

なんだか見苦しいを通り越しているように思います。

年齢からすると、こんな人でも会社ではそれなりのポジションだったりするんでしょうか?

私はそんな人の部下とか絶対嫌ですね。

とてもじゃないけど尊敬できません。

人間性を疑います。

たまたまなのかもしれませんが、なんだか50代や60代には見苦しいオジサンが多いように思います。

70代とかのおじいちゃんとかは電車であまり見かけないのでわかりませんが…。

並んでいる人を押しのけてでも我先に…みたいなのもよく見掛けるし、周りの迷惑を気にしていないような人はオジサン率が高いです。

もちろん若い人にもそういう人はいますが、割合でみたら圧倒的にオジサンであることが多いと思うのです。

『最近の若者は…』なんて言葉を聞きますが、そんなことは言ってられないんじゃないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

以上が私が満員電車で人間不信に陥る7つでした。

ほとんど愚痴になってしまいましたが、少しでも共感して頂ける部分があったら嬉しいです。

人間不信になる前に、一緒にストレス発散していきましょう!


  関連記事