*

諦めも肝心かも…好きな人を嫌いになる方法

      2017/04/26

諦めも肝心かも…好きな人を嫌いになる方法

「好きな人を嫌いになりたい…」

なんという辛い試練でしょうか。

でもこれはつまり、好きになってしまった人のことをスッキリ忘れて次の恋を素敵に始めるためにも必要なことかもしれません。

実際、恋が叶わずにやむなく自分の中で好きな人の存在を消してしまった人はたくさんいるのではないでしょうか?

好きな人でも嫌いになれれば、興味や執着がなくなるはずです。

ここでは、「なかなか好きな人のことを忘れられない…」という、好きな人をどうしてもあきらめきれないあなたに贈る「好きな人を嫌いになる方法」を紹介します。


認識していなかった欠点を再確認する

認識していなかった欠点を再確認する

とても素敵な人にも必ず欠点はあるものです。

好きな人にも欠点があるとわかっているのに、「好き」になってしまうとそんな欠点さえ気にならなくなってしまうものです。

そこで、「好きな人を嫌いになる」ためには、もともとあった欠点を思い出してみましょう。

ここでポイントがあります。

「思い出す」だけだと、「好きな気持ち」のほうが勝ってしまい、嫌いになるまでに至らないことも多いものです。

そこで、思い出した好きな人の欠点を逐一メモに書いて文字にしていきましょう。

あるいは、メールなどにその欠点を列記したものを自分宛に送信してもよいでしょう。

なんだか自分でも「怖い」「気持ちの悪い」作業に見えるかもしれませんが、こうすることで頭のなかだけでなく、視覚からも自分に訴える形にしておくのです。

視覚からも確認できる「文字」にしておけば、またフツフツと好きな気持ちがわいてきたとき、再確認することができます。

欠点の文字化にはコツがいる。

欠点の文字化にはコツがいる。

欠点を文字化するときにもコツがあります。

たとえば、こんな書き方ではなかなか思いが吹っ切れないと思いませんか?

「彼の汗のかきかたがすごくて、汗のにおいが気になる」

それでは、こちらの書き方だとどうでしょうか。

  • 「汗っかきなのにタオルで拭きもしないなんて気遣いなさすぎ」
  • 「汗臭くて幻滅する」

こんな書き方をわざとしてみたらどうでしょうか。


自分でできないのであれば、友達に協力してもらってわざと嫌な言い方をしてもらうというのもひとつの手です。

書いたその瞬間、少しは「かわいそうかな」と思うかもしれません。

でも、文字化しておくことで、あとで冷静な気持ちを取り戻してから読み返すことができます。

そのとき「やっぱり、思い切って嫌いになってみてよかった」と思うことになるかもしれません。

「完璧な存在」と比較してみる

「完璧な存在」と比較してみる

好きな人を嫌いになるには、もっと素敵で欠点などなさそうな「芸能人」と比較するのもひとつの手です。

どんなにテレビや映画を見ない人でも、芸能人のなかに素敵だなと思う人くらい一人や二人はいることでしょう。

そんなカッコイイ彼らと比較してみるのも効果テキメンです。

ポイントは、「嫌いになるために比較している」のですから、少しくらいの矛盾は気にしないことです。

たとえば、「でも…足が長いのとか肌が綺麗なのとかなんて芸能人だから当たり前よね」という気持ちが沸いてしまったら元も子もありません。

徹底的に芸能人のほうを崇めてみましょう。

自分のなかの好きな気持ちが、相手の容姿を美化していたことに気付けるはずです。

思い出すものはすべて排除する

思い出すものはすべて排除する

好きな人のことを「思い出す」ということは、恋慕の情を再び復活させてしまう要因となります。

一旦、思い出してしまうと「こんなところもよかった」「あんなところも素敵だった」と、次から次へと走馬灯のようによみがえり、昔の思い出に浸ってしまいがちです。

そうなると、せっかく「嫌いになる方法」を実践していても効果が期待できにくくなってしまいます。

昔の思い出というものは、とても美化されやすいのです。


そこで、好きな人を思い出させるような「思い出の品々」は、思い切って捨ててしまいましょう。

基本的には「思い出させるようなものは全て」捨てましょう。

…といいたいところですが、いくら思い出すからといっても「卒業アルバム」のような大切なものを捨てるということはなかなかできるものではありません。

捨てられるものは思い切って捨て、捨てることができないものに関しては「見えないところにしまっておく」のがよいでしょう。

そして気持ちが落ち着き、万が一思い出してしまったとしても、穏やかな気持ちでいられるようになるまでは目に付かないようなところにしまっておきます。

思い出さなくても済むような環境を自分でつくってしまうとよいでしょう。

最初の一週間ほどは辛いかもしれませんが、一カ月もすればすぐに忘れてしまいます。

時間が解決してくれると言いますが、自分でも驚くほど冷静になれることでしょう。

まとめ

以上、好きな人を嫌いになる方法でした。

色々な事情があるかと思いますが、誰でも「好きな人をわざと嫌いになる」というのは、つらく嫌なものですよね。

でも、いつまでもその人のことを想っていると、次の恋に気づきにくくなってしまう可能性もあるのです。

近くで、あなたのことを一生懸命に見つめている素敵な別の彼の視線に気づかないでいるよりは、思い切って好きな気持ちに上手にさようならを言ってみてはいかがでしょうか。

好きだけど手が届かなかった相手のことをいつまでも引きずっていても、人生が辛くなるだけです。

恋愛だけとは限りませんが、いつまでも特定の誰かに依存したり執着することはやめましょう。


  関連記事