*

美人のようなぱっちり二重になれる!目を大きくする方法

      2017/10/10

目を大きくする方法

美人の共通点と言えば、とても印象的な大きな目

芸能人やモデルなど見た目を売りにしている人はみんな目が大きいです。もちろん絶対ではありませんが、そういう傾向は大いに感じますよね。

だからこそみんなあの手この手で大きくみせようと必死になっています。

プリクラや写メでも自動的に目を大きく補正するような機能がついていたりして、最近の技術はすごいものです。

そして顔や学歴がすべてのあの韓国では、国民の半数近くが目を大きくするプチ整形をしているんだとか。

毎年行われるミスコンのファイナリストの顔が、みんな同じに見えるとかで話題になっています。それほど他人に与える印象はとても影響力があるとも言えます。

目ヂカラが強い顔というのはそれぐらい印象的なのです。

今日はそんな美人の共通点とも言われる『大きな目』について、目を大きくする方法などもあわせて紹介していきたいと思います。

美人の共通点は目が大きいこと

ところで、最近でこそ目が大きいことが美人や可愛い子の条件とされている風潮がありますが、江戸時代やそのもっと昔は細くて切れ長の目が美人とされたそうです。

のっぺりとした下膨れの白い肌に切れ長の目が美人の象徴。

今の時代ではとても美人とは言えない真逆ですよね。不思議なものですが、それがその時代の感覚というか文化だったんだと思います。

いまの時代では、美人や可愛いと言われる人は決まってみんなぱっちり二重ですよね。

なんで大きなぱっちりした目というのが条件なのか?

目が大きいことで愛され度がアップする!?

目が大きく見えることで、知らない人からも愛され度がアップするんだとか。

人間や動物に限らずに、赤ちゃんはぱっちりしていますよね?

それには深いワケがあるそうなんですが、人間も動物も赤ちゃんはとても弱い存在です。

弱いからこそ外敵から襲われたらひとたまりもありません。

そんな外敵から身を守るために、襲われないように愛されやすくするために目がぱっちりしているそうなんです。

ぱっちり二重になりたい

テレビか雑誌かなんかで見たので本当かどうかはわかりませんが、人間にしても動物にしても、赤ちゃんの目はまんまるでぱっちりしているということです。

そして次第に成長していくうちに、あれだけまんまるでぱっちりしていた目が普通や切れ長になったりしていくのはなぜですかね?

たとえば猫なんかは大人になってもぱっちりしていますが、そんな猫でも赤ちゃんの頃はまた一味違う形というか、まんまるな目をしています。

綺麗というよりは可愛い感じ。ホント不思議です。

いずれにしても目が大きいということは可愛く見られやすいということですね。

目が大きいことによる印象

  • 第一印象が良く見られる。
  • ハッキリした顔立ちに見える。
  • 明るく活発な印象。
  • 年齢よりも若く見える。
  • 人を引き付ける。

これはあくまで一例ですが、このような印象に見られる傾向はあると思います。

もちろん見る側の好みもあるので一概には言えませんが、まったくないとは言い切れませんよね。

芸能人やモデルに目が大きい人が多いのも少なからず影響していそうな気がします。

ただ、目が大きいことによって目の下のクマが目立つという欠点もあります。

そんな時はこういったアイテムを活用しましょう。

目が小さいことによる印象

  • 陰湿で暗い人に見られる。
  • いつも眠そう、覇気がないと言われる。
  • 疲れている、元気がないと言われる。
  • 目つきが悪いとか睨んでいると思われて、怖い人に見られる。

もちろん一概には言えませんが、このような印象を持たれてしまうことがあります。

本人は決してそんなことはないはずでも、目が小さい、細いといっただけでマイナスな印象になってしまうのです。

決してそんなことはないのですが、見た目って残酷ですよね。

可愛い・美人な人がそれだけで人生で最高の待遇を受けると言われているのも納得できますね。

なんか書いていて嫌な気持ちになってしまいました。笑

目を大きくする方法

目を大きくする方法

目を大きくする方法はいくつかあります。

実際に大きくするには整形手術が必要になりますが、実際に大きくならなくても大きく見えればそれだけでも印象は変わりますよね。

  • 二重まぶたにプチ整形
  • デカ目メイク
  • まつ毛を伸ばす
  • 二重まぶたを自力で作る

一重まぶたの原因は、むくみと皮下脂肪と言われています。

この腫れぼったいまぶたがなければもともと目が大きい人もいるし、逆に小さくても二重まぶたの人もいます。

二重まぶたの整形手術はやっている人も多いんじゃないでしょうか?

昔から一番手軽な整形手術と言われるうちのひとつです。最近ではプチ整形なんて可愛く言われていますよね。

目を大きくするための費用は10万円~20万円ぐらい。

昔は切開法といってメスを入れなければならなかったのですが、いまは埋没法といって針で穴を空けて糸を通す方法が主流のようです。

手術した後にしらばく腫れてしまうので、高校から大学などで学校が変わるタイミングとか社会人になるタイミングとかにしないとバレてしまいます。笑

他にも、メイクやまつ毛を伸ばすだけでも印象は大きく変わります。

実際のサイズよりもかなり大きくみせることができるので、デカ目メイクと呼ばれて定着しました。

しかしメイクには限界があるのも事実…。

ここでは、整形するよりも自力で二重まぶたを作る方法を紹介します。

プチとは言え、整形にはまだ抵抗がありませんか?

顔にメスを入れるというのは平気な人は平気かもしれませんが、私は抵抗があります。

整形が良いか悪いかはわかりませんが、費用とかいろいろ考えると本気でしようとは思いません。

二重まぶたを自力で作る方法

二重まぶたを自力で作る方法

今回おすすめする方法は、二重まぶたを自力で作る方法。

一重まぶたの原因であるむくみを解消して皮下脂肪を引き締めます。

そしてDラインと言われる二重の折り目のくせ付けをすることによって、自力でも二重まぶたを形成することができます。

よく、アイプチを繰り返していたら実際に二重になったという人も少なくありません。

これはほうれい線などと同じでしわと同じなので、そのくせ付けをすればそのうち二重を形状記憶させることができるのです。

出来るだけ若いうちにくせをつけるのがいいとされています。

自力で二重まぶたを作るというのは、まぶたのくせ付けを自分で作ってしまおうというものです。

ポイントは、24時間くせ付けをすることによって、しっかりとした二重まぶたのくせ付けができます。

よくあるアイプチは昼間だけとか人に会う時だけに使うものが多いのですが、今回紹介する方法は付けて寝るだけというもの。

これから自力で目を大きくするために二重まぶたを目指す人は、こちらのナイトアイボーテが一番成功者が多いと言われています。

寝てる間に本物二重!自然なパッチリ二重をGET!【ナイトアイボーテ】

関連記事


  関連記事