*

ずるくない?彼氏がいるのに他の男とデートする女の心理とは?

      2017/12/03

ずるくない?彼氏がいるのに他の男とデートする女の心理とは?

「自分だけを見ていたはずの女性が、実はちゃんと彼氏がいた…」なんて、これは男性にとってはかなりショッキングなことです。

それでいて、良くあることでもあります。

実際に、ずるいな~って感じる女性が多いのも事実。

「なぜ彼氏がいるのにデートできるの?」と思うでしょうが、そこには女性たるゆえんが隠されていたのです。

それを知れば、素敵な女性を振り向かせる手立てが見えてくるかもしれません。



あとで判明!?実は彼氏がいたなんて…

男性の皆さん、「この女性、素敵だなあ」と思ってお付き合いを始めたら、なんと彼氏がいたことが判明した経験はありますか?

もしくは、デートに誘ってOKされたのに、実は彼氏がいた。

はたまた、彼氏がいるのをオープンにしているのに、なぜか誘うと遊びに付いてくる。

そんなとき、男性としてはとても困惑するのは当然のことです。

彼氏がいるのになぜ他の男性とデートができるのか、男性にとってはそこがとても不可解に思えるのではないでしょうか。

友達だから別?

それとも浮気?

ここから、男性と女性の性の違いが見えてくるのかもしれません。

なぜ女性は彼氏がいるというのにほかの男性とのデートが平気でできるのか、そのナゾを紐解いていきましょう。

女性には大事な責務がある?

女性には大事な責務が?

もしも無人島に男女ひとりずつしか存在しておらず、ほかからの侵入者がいなければきっとその男女は疑問のひとつも持たずカップルとなり、ごく普通に幸せに暮らすことでしょう。

しかし、ある日そこへ違う男性が一人やってきたとしましょう。

すると、女性は二人の男性を「比較」し始めます。

たとえば、こんなふうにです。

  • 「危険がせまるとき、Aのほうはこう行動するが、新しくやってきたBはこんな行動をした」
  • 「Aのほうはいつでも優しいが、Bはときにより気性が荒くなる」
  • 「困ったときAはいつもこう言うが、Bは寡黙で状況に応じた行動に出る」

…というように、あらゆる面からリサーチをかけているといってもいいでしょう。

それはぱっと見た感じではわかりません。

というのも、女性にしても知らず知らずのうちに二人の男性を比較しているのです。

それはもう本能というしかないくらいの微妙で繊細なもので、自分にとってどちらの男性が有利なのか、あるいは心地よくいられるのかを本能的に調査しているのです。

それは人間としての「女性」という役割を考えてみれば、この「本能的なリサーチ」は全く自然なことなのです。

なぜなら、女性は男性から精子を受け取り、子供、つまり次の世代を産み、育てていくという責務があります。

将来を背負っていく子供はさらにすばらしくあってほしいと願うのは、古来より家族、部族、国の繁栄のためにも必要不可欠な要素でもあります。

そのため、女性にはよりすばらしい精子を提供してくれる男性を選ぼうとする本能が備わっているといえます。

加えていえば、子供を育てていく上でしっかりと家庭を守ってくれそうな男性、子育てが健やかにできる環境を提供してくれる男性を選びたいという本能から、女性に男性の比較をさせているのではないでしょうか。

男のホンネと女の本能

男のホンネと女の本能

これを現代の男女関係で見ていきましょう。

ある男性がとある一人の女性と知り合い、お互いに気に入ってデートを数回重ねてきました。

しかし、ふとした話のずれから、彼女にはすでに長く付き合っている彼氏がいたことがわかったのです。

男性はとても困惑します。

「すでに彼氏がいるというのに、彼女はいったい僕に何を求めているのだろうか?」という疑問で、頭が混乱してしまうのも当然といえば当然かもしれません。

男性というのは、性的な特徴からもともと浮気性の部分があるものです。

しかし女性に対しては、いわゆる「浮気」的な特徴がある、ということを認めたくないのかもしれません。

なぜなら、男性である自分は色々な女性に目移りはしていても、いざ自分の「縄張り」の内に入ってきた女性がほかの男性にも関心があるということは耐え難いことであるからです。

もちろん、これは単に人間の本来の男女の特性の違いを述べているだけですから、人によっては懐の大きい男性もいるかもしれません。

人間ですから、本能だけで行動する動物とは違い、そこには理性があります。

男性の基本的な特徴として、自分の手の届く範囲内に存在している女性がほかの男性に心を奪われることは、これは恋人関係だけでなく、親子関係でも嫌がるほどなのです。

「母親が男性アイドルに心をときめかせているのが何だか嫌」と思う息子、「将来、ほかの男に娘を嫁にやるのがたまらなくつらい」というお父さんの気持ちがまさにそれです。

ですが、女性の本能的な部分「より素敵な男性を求める」という特性は、人間として女性が本来持っているものですから、常識を逸脱することがない限り許してあげて欲しいものです。



いつの時代も、女性が男性を選ぶ?

いつの時代も、女性が男性を選ぶ

男性からすると不可解にしか思えない、「彼氏がいるのに他の男性とデートして平気」という女性の存在ですが、何もこれは一部の女性に限ったことではありません。

女性は皆、本来の身体的な特徴、つまり、よりすばらしい子供を生みよりすばらしい次の世代を育てていくという責務を持っているわけです。

「よりすばらしい男性を選びたい、求めたい」という本能があって当然です。

動物にしても虫にしても、メスがオスを選ぶのが自然界では一般的なことなのです。

こんなケースもある

男性が、ある素敵な女性と知り合い、デートを数回重ねたところ、彼氏がいることがわかったそうです。

しかし、男性はこの女性のことがとても気に入っていたので、彼氏がいようといまいと気にすることなく、彼女との時間を迷うことなく大切にし、デートを重ねました。

そのうち女性のほうは前から付き合っていた彼氏と別れ、この男性とだけお付き合いするようになり、さらには結婚へと話が進みました。

今ではお二人でとても幸せな家庭を築かれています。

この男性は、ある意味、女性から「選ばれた」男性、「求められた」男性であるといえます。

こういうケースから見ても、女性からどうしても比較される男性としては、女性の本能的なリサーチに合格するべく、自分磨きに頑張ってみるのもよいのではないでしょうか。

そして、彼氏がいてもいなくても「この人なら」と思った女性には、自分磨きとともに誠心誠意でお付き合いしてみれば、想いが叶うかもしれませんよ。

ただ、女性のなかには自分さえよければと平気で浮気するあざとい女性がいるのも事実。

それに「女性が男性を選ぶ」ということに対して腹を立てている男性もいるかもしれません。

そういう意味では、男性も女性を慎重に選ぶことをおすすめします。

【an・an掲載】彼を誘惑して、衝動を駆り立てる!『ベッド専用香水』




  関連記事