*

どうすれば好印象?合コンでの自己紹介の仕方

      2017/04/26

どうすれば好印象?合コンでの自己紹介の仕方

人生を大きく変える『新たな出会い』

若者に限らず、いつの時代も共通してみんなが興味があることに『新しい出会い』があります。

出会いの中には恋愛を意識した異性との出会いの他にも、友達や知人としての出会いもありますよね。

いずれにしても、今までに自分が知りえなかった人との出会いというのはとても新鮮です。

人生は人との出会いによって成り立っているところがあって、自分以外の他の人、親や家族、友人などからいろんな影響を受けて日常を過ごしていきます。

⇒ 真剣な方が集う大人の婚活パーティー♪

ある人と出会うことによって人生が楽しくもなり、ある人と出会うことによって人生に悪影響を及ぼす出会いもあります。

一人では楽しめないことでも、友人がいれば楽しく過ごせる。

人生とはそんなものなのかもしれません。

そんな新たな出会いですが、普段何気に送っている日常の中で普通に知り合う人と言ったら、学校やバイト、職場ぐらいでしょうか?

他には友人の紹介ぐらいでしょうか。

日常の生活においては、自分から進んで新しい環境に身をおかなければ、新しい出会いはなかなかない少ないものです。

昔と違って、出会いが欲しいからといってむやみに街で声を掛けたりしても、ついてくる人はなかなかいなくなりましたよね。

『知らない人にはついていかない』

これが鉄則になったからです。

知らない人はすべて不審者なワケです。

では、どうするか?

知らない人と気軽に出会えるのが『合コン』

知らない人と新しく出会う場所としておすすめなのが合コンです。

知らない人と気軽に出会えるのが『合コン』

合コンは、友達のつながりだったり友達同士集まってする親睦会のようなものなので、1対1という危ない橋を渡る必要がなく、一度に多くの人と知り合えるというのがメリットです。

合コンだからといって必ずしも恋愛としての対象だけを探す必要はなく、あくまで交流を広げればいいのです。

『顔がタイプじゃないから…』

といって邪険にする必要はありません。

知らない人と出会うことによってその人の横のつながりまで広がる可能性があります。

どこでどう誰とつながるかはわからないものです。

ある話によると、世界は6人の人でつながっていると言われています。

6人それぞれの友人をたどっていくと世界中の人にいきつくそうです。

友達の友達の友達…で世界中の人口につながるなんて素敵ですよね。

では、その合コンで新たな出会いを作るためにどんな風に自己PRしたらいいのかを考えて行きたいと思います。


合コンでの自己紹介の仕方

合コンでの自己紹介の仕方

街コンなどの合コンにしても、友達のセッティングしてくれた合コンにしても、知りあう人は初対面の人ばかりです。

初対面の人でも平気という人はなかなかいませんよね。

男性ならまだしも女性であれば警戒してしまうものです。

そんな中で必ず行われるのが自己紹介

好印象な自己紹介の仕方をしたいけど、どんな話題を提供したらいいのか分からないという人は多いですよね。

そもそも初対面の人が何に興味を持っているのかもわからない中で、できるだけ自分のことをよく見せたいと思うのが自己紹介なのです。

第一印象で他人から見える自分のイメージは8割決まると言われています。

就職活動においても同じことが言えますが、自己紹介が上手くできるかできないかでその後のイメージは大きく変わってしまいます。

第一印象が好印象な人ほど自己紹介が上手いものです。

第一印象が好印象な人ほど自己紹介が上手いものです。

ただ、だからと言ってそのイメージが必ずしも良い見方になるとは限りません。

『第一印象では明るく人なつっこいけどチャラい』

でも『話してみたら実は誠実で真面目な人』

そんなギャップで恋に堕ちたり、イメージが良くなったりするケースもあります。

一般的には明るいとか面白い人が好まれるかもしれませんが、それはあくまで一般ウケなだけであって、実はその相手がどんな人を好きなのかは一概にはわからないものです。

だから過剰に第一印象を良く見せようとする必要はありません。

好印象にしようとすればするほど空回りしてしまうものです。

結論から言うと、ありのままの自然体で大丈夫。

では、まず自己紹介で何を言ったらいいのかを考えてみたいと思います。

自己紹介は自分のことを分かってもらう

自己紹介において大切なことは『いかに自分のことを分かってもらうか』につきます。

人は相手がどんな人かわからないととても警戒するものです。

相手のことが分かっていると安心して話をすることができます。

初対面においては『自分と共通点がある人ほど共感を持つ』ということです。

それが例えば住んでいるところだったり、趣味が同じだったりするだけで、一気に距離感は縮まります。

自己紹介では、簡潔に多くの情報を相手に向けて発するのが好印象だと思います。

合コンの自己紹介で伝えるべき内容

合コンの自己紹介で伝えるべき内容

  • 名前
  • 年齢
  • 学校や仕事
  • 住んでいるところや出身地
  • 趣味や好きなこと

まずはこの5つを2~3分ぐらいで伝えるのが好印象です。

あまりダラダラと長い時間話してしまうと『この人メンドクサイ』と思われかねないので注意しましょう。

合コン中の話題で気をつけるべき内容

合コン中の話題は流れにまかせればいいのですが、もし自分から話を振る時には気をつけるべきことが2つあります。

他人をバッシングしないこと

合コン中の話題で気をつけるべき内容

例えば、面白半分で芸能人やテレビなどの内容の第三者を小バカにする程度ならまだしも、参加メンバーやそれに近い人をバッシングするのは絶対にやめましょう。

言われている人も気分が悪いし、それを聞いている人もあなたに不信感を抱きます。

その時はその人の話題じゃなかったとしても『自分がいない時にも同じことをされる』と思うからです。

信用できない人を好きになるはずがありません。

自分がいかにすごいかを自慢するのは逆効果

自分がいかにすごいかを自慢するのは逆効果

これもはっきりいって痛いです。

『俺が!俺が!!』モードに入ってしまっている本人は気分がいいのでしょうが、周りの人間はひとたまりもありません。

はっきり言って不愉快極まりないです。

自分の自慢をすればするほど人の心は離れる一方なので気をつけましょう。

むしろ自分のことを多少悪く言うぐらいの人の方が好感度は高いはずです。

相手が必ずフォローを入れてくれます。

だからといって自虐ネタを連発するのもどうかと思いますが…。

間違っても他人をバッシングして落として自分がいかにすごいかをアピールするような見苦しいマネはやめましょう。

最後に

繰り返しますが、初対面の人との合コンだからといって自分を良く見せようと思う必要はありません。

自分を良く見せようと思えば思うほど人は離れていきます。

ありのままのあなたで、楽しくその時間を過ごせればそれだけで十分です。

ちなみに、いまはネットで合コンをセッティングしたり街コンに申し込めますので、気軽に新しい出会いを作れます。

お見合いパーティーなどと違ってサクラはいませんので、気軽に申し込んでみて下さい。

⇒ 真剣な方が集う大人の婚活パーティー♪


  関連記事