*

好きじゃないけど付き合う…その理由とは?

      2017/04/26

好きじゃないけど付き合う…その理由とは?

気になる誰かに思い切って告白をしてみると、「付き合ってもいいよ」という返事をされたけど、こちらを好きでOKしてくれたわけでもなさそう。

もしくは、現在付き合っている相手が、どうにも自分を好きなように思えない。

「好きでもないのに付き合うって、いったいどんな心境なの?」と考えている人。

それか、自分自身が大して好きでもない相手と付き合っていて、自分でもなぜだかわからない、なんて人。


今回は、私自身の体験と心理学観点をもとにそのような心理の裏側をさぐってみました。

単なる個人の一意見ではありますが、心理関係のプロの方の話もふまえてあります。

もしかしたら、何かの参考になるかも…しれません。

最初に、私自身の体験をご紹介します。

22歳のときの話ですっかりと過去の話ですが(現在アラフォー)、その分客観的に分析ができています。

当時の正直な気持ちを、ズバリと明かしてみたいと思います。

なぜ、好きではない相手と付き合うことになったか

なぜ、好きではない相手と付き合うことになったか

私の場合、相手は趣味関係の友人です。

友人といってもそう深い付き合いでは無く、共通のファンであるバンドのライブや、カラオケに出かけるのがメインでした。

趣味が共通なので、当然話は盛り上がるし、友人としては楽しい相手です。

しかし、異性としてはまったく意識していませんでした。

その人に告白されたのですが、正直迷いました。

男性としては見られないけれど…友人としての付き合いは続けたい。

それならそう言えばいいじゃないかという話ですが、結局は恋人として付き合うことにしました。

なぜ、友人ではなく恋人として付き合ったか

なぜ、友人ではなく恋人として付き合ったか

実は、当時私はかなり体調が悪く、うまくごまかしてはいるものの、肌や身体がけっこう悲惨なことになっていました。

そのため自分に自信が無く、男性に近づくのが苦手でした。

恋人は、2年以上いませんでした。

周囲には、自分のコンプレックスを隠して強がっていたので、女友達に合コンへ誘われることもありました。

ですが、そういう場には行きたくなかったので、「恋人がいる」と見栄を張ってしまっていました。

なので、「本当に恋人ができてくれたら助かる。もう嘘をつく必要が無くなる」そんな打算がありました。

もう1つの理由は、単純な興味です。

それまでは、友人として軽い付き合いしか無かったので、恋人として深く付き合ってみたらどうなるのかな…と思いました。


相手にどう返事したか

相手にどう返事したか

付き合うにあたって、彼には「好きかどうかがよくわからないけど、それでも良かったら」とだけ告げました。

今考えるとなんだか失礼な感じがします。

ですが当時は、相手の気持ちを全然思いやろうとはしていませんでした。

その時点で、彼を好きではなかったという証拠だな…と思います。

嫌な言い方になりますが、告白された側の方が立場は強くなりますよね?

若いころのことなので、調子にのって上から目線になっていた部分も正直ありました。

実際に付き合ってみると…

いざ恋人として付き合ってみると、色々としんどいことがありました。

彼との温度差はあるし、行動に制限もかかるし、性的なあれこれも面倒くさくて苦手でした。

これだったら、友人としての付き合いの方が良かったなと思いました。

人間的に嫌いではないのですが、やはり「恋人」という感じにはなかなか気持ちがついていきませんでした。

しかし、彼が私と付き合えることをすごく喜んでくれて、家族や友人にも吹聴しまくっていたので、別れようとは言い出せなくなり、ズルズルと関係が続いてしまいました。

それに、やっぱり「彼氏持ち」というのが、周囲に対して体裁が保てて楽でした。

男性が苦手だったので、新しい出会いをまた探すのが嫌だし、下手に男性として意識してしまう人だと、自分のコンプレックスが刺激されてしまいます。

あまり気を使わないですむ、そのときの彼が「彼氏」には最適だったということです。

好きじゃない人と付き合う心理とは?

好きじゃない人と付き合う心理とは?

私の個人的な話はひとまず置きまして、一般論に移りたいと思います。

友人や雑誌のアンケートなどから集めたところによると、「好きじゃない人と付き合う」という人に聞いたその理由は、以下のようになっています。

  • そのとき好きな相手がいなかったから
  • 告白されたのが嬉しかったから
  • 失恋した後で誰でもよかったから
  • 付き合えば好きになるかもしれないと思ったから
  • 相手を嫌いではないし、特に断る理由を思いつかなかったから
  • とにかく恋人がほしかったから
  • 恋愛対象ではないけれど、結婚相手としていいと思ったから
  • 相手の金銭や立場や身体など、外的要素が目当て
  • なんとなく気まぐれ

…等々です。

心理学的観点では…

さて、ここで1つ、心理学的な観点を入れてみましょう。

正式な心理学とは少し違うのですが、その筋のプロから聞いた話です。

「自分の気持ちは、実は相手からうつっていることがある」

わかりにくいかもしれませんが、私と彼のケースで説明してみます。

表面上は、彼は私のことをすごく好きで、私の方は打算で彼と付き合っているという風に見えます。

しかし…私は、本気で自分に思い入れている人を、なんの罪悪感もなく適当に付き合うことができるような性格ではありません。

相手への配慮もありますが、そんなことをして恨みを買われるのも嫌だし…という臆病さもあるからです。

でも、この彼に対しては、そういう配慮や不安が一切ありませんでした。

なぜでしょうか。

人間関係は、「お互いさま」が多い

人間関係は、「お互いさま」が多い

後になってわかるのですが、結局は彼の方も、本当に私を好きで付き合っていたわけではなかったのです。

「すごく好き」という気持ち自体は嘘ではなかったのですが、いわば彼は恋に恋していたわけです。

私の性格や考えを知ろうとか、内面に関わろうとするよりも、私を連れ歩いたり誰かに紹介したりする方を重視していました。

私の体調が悪くなって予定がキャンセルされると、私を心配するのでは無くて、デートができなくなったことを嘆いていました。

私が「彼氏」を求めたように、彼も私自身ではなく「彼女」を欲しがっていたということになります。

「彼女がほしい!恋愛がしたい!」という欲求が高まっていたところにたまたま私がいた…ということだったのだと思います。

お互いさまだったから、私も全然罪悪感が無かったのでは?と心理関係の人に言われました。


いつも軽い扱いをされると嘆いている人

いつも軽い扱いをされると嘆いている人

私のかつての友人の話ですが、彼女は綺麗でモテる人でした。

しかし、「こちらは真剣なのに、いつも二股とか軽い扱いしかしてもらえない」と嘆いていました。

よくよく話を聞いてみると、「真剣」の言葉にちょっと疑問がありました。

あれやこれやと尽くしてあげたりはしていたようですが、恋人本人に対してというよりも、「一般男性にしてあげたら喜ぶはずのこと」を一方的に押し付けている感じがありました。

だから、それが相手にも伝わって、相手も浅い付き合いしかしてくれなかった…と言う風にも考えられます。

反対のパターン

この彼女と対照的だったのが、別の友人です。

そちらはとてもいい子なのですが、正直あまり美人ではなく、なかなか恋人ができませんでした。

片思いの相手がいましたが、「友人としてはいいけど、恋人にはできない。」とフラれてしまいました。

その後、彼女に誘いをかける男性があらわれましたが、彼女は「好きでもないのに付き合えない」ときっぱり断りました。

そして最終的には、とてもいい相手と結ばれ幸せな結婚をしました。

彼氏できないだろうなと思われる女の子の特徴とは?

はね返りの法則

自分の意志や行動が、実は誰かに影響されていることがあると言っても、多くの人は無自覚です。

自分だけが一方的に被害者、一方的に立場が上、なんて思っていても、実は同じことを相手が考えている可能性も。

自分が相手を利用したつもりが、実はされていたというのもよくある話です。

好きじゃない人と付き合うなんて、いったいどういう心境なの?と悩んでいた人は、ちょっと自分の気持ちの方もかえりみてみましょう。

何か違った視点がひらけてくるかもしれません。

まとめ

好きじゃない人と付き合う理由とその心理について探ってみました。

理由はなんであれ、とにかく付き合ってもらえたのなら、そこから深い関係を発展させるチャンスでもあります。

その場合、卑屈にはならず、思い切って自分をさらすことをおすすめします。

自分がおどおどと相手の思惑をうかがっているとそれが伝わって、心を開いてはもらえません。

それから、「自分は好きでもないけど、相手がどうしてもって言うから…」とか調子にのっている人、自分の行動はいつかはね返ってくるかもしれませんよ。

相手のことが本当は好きなのに素直になれない人もいるでしょうが、あんまりやっていると大切なものを失ってしまうことも。

私自身も、自分の見栄やプライドを捨てて正直に動くようになってから、人間関係はずっと良くなりました。

その彼とも一度関係を解消して正直な気持ちを話すように、誠実に向き合おうとするようしているうちに、現在では性別をこえた一番の親友になりました。

はね返りの法則は、嘘ではないようです。

ずるくない?彼氏がいるのに他の男とデートする女の心理とは?


  関連記事