*

結婚資金は平均いくら必要?費用ってどれぐらいかかるの?

      2017/04/26

結婚資金は平均いくら必要?費用ってどれぐらいかかるの?

「結婚」の二文字が頭をよぎったら次に来るのが「資金」です。

結婚するにはいったいいくらほどの貯金があればよいのでしょうか。

また、結婚生活にいたるまでにどの程度の資金が準備できればよいのでしょうか。


結婚したい人ができた?資金の準備もOK?

「結婚」を意識し始めた人にとって、もっとも大きな関心事は資金の準備ではないでしょうか。

結婚について、「二人が主役」という個人主義的な意識はごく最近のものであり、古くから、「結婚」とは家と家との結びつきを深めるものでした。

しかしながら、現代の若い人なりの「個人主義」的な感覚も大切にしなければなりませんから、その間をうまくとって結婚準備を始めていくことが大事です。

さらには、結婚式には両家の関係者、つまり親戚や仕事の関係者、お世話になっている方々など列席されることが予想されます。

結婚とは、「二人だけの世界」から、社会的に認めてもらうための儀式でもあります。

そのため、結婚の準備は両家のご両親のご意見も含め、細かい点までつめていく必要もあります。

結婚を現実的に考え始めたお二人はいま幸せいっぱいだと思います。

しかし、ここでちょっと結婚にかかる資金のことを現実として考えてみましょう。

結婚までの費用の平均とその内訳

結婚までの費用の平均とその内訳

さて、具体的に結婚にかかる費用の平均はいくらなのでしょうか。

2013年のものになりますが、結婚費用総額の平均は約490万円でした。

では、この平均額ですが、いったい何にいくら必要だったのでしょうか。

もっとも多くかかったものから見ていきましょう。

もっとも多くかかったのは、「挙式・披露宴・披露パーティー」で、平均で約340万円となっています。

その次に多く出費となっているのが、「新婚旅行」で約60万円でした。

そして、その次が「婚約指輪」で約35万円

「結婚指輪」が二人分で約23万円

結納式が約15万円でした。

そのほか、両家の顔合わせや会場費、旅行の土産代などで約18万円がかかっています。

厳密に言うと、結婚式が終わるまでにかかった費用が約490万円ということで、ここには新居にかかったものは含まれていません。

この結婚するまでにかかった費用に加えて、引越し費用、新居の準備、家具、生活用品にかかる費用がプラスされることを忘れないようにしたいものです。


もし仮に新居の準備費用も考慮するとなると、新居の家具や家電だけで平均約80万円

引越し費用が二人分で約30万円

新居の家賃や敷金礼金などを合わせて約30万円となっています。

新居の準備の総額は、平均で約140万円ということになります。

これを男女どちらが支払うのかは、地方によって、または家によって、慣わしが異なります。

新郎側が出すもの、新婦側が出すものというように役割分担がなされることが大半です。

結婚資金を減らすために節約をしよう

結婚資金を減らすために節約をしよう

結婚費用の平均総額を見てくると、ほとんどの費用を挙式、披露宴、パーティー、旅行にかけられていることがわかります。

親戚や仕事の関係の方々にもお祝いに来ていただいて、披露させていただくという大切な儀式でもあるため、挙式などに費用がかかるのはいたし方ないことではあります。

しかしこのご時世、両親の援助を得ずに結婚資金を全額自分たちだけで用意できる人がどれぐらいいるでしょうか?

そして、両親の援助が受けられないという人はたくさんいると思います。

おめでたいことなのに「結婚式を節約する」なんてせこいことは言いたくありませんが、現実問題として結婚式を挙げるためには仕方のないことでもあります。

節約したある夫婦のケースを見てみましょう。

挙式を神前式で行い、披露宴をその同じ神社の関連の施設で行いました。

これにより約60名の招待客で約200万円の出費でした。

また、婚約指輪や結婚指輪はできるだけブランド志向はやめて、品質を重視したため、合計で約20万円の出費でした。

新婚旅行は海外ではなく、ゆっくりできる国内の温泉旅行にしました。

そして、二人の共通の趣味である「グルメ」というテーマを設定し、毎晩違う温泉旅館に三泊しました。

毎日温泉につかり、毎日おいしい料理とお酒に舌鼓を打って、かなり満足度の高いものになったということです。

また、移動手段は二人でお酒を楽しめるようにと公共の交通機関にしました。

この新婚旅行と土産代では約30万円の出費です。

そのほか結納式や雑費などを入れると、結婚まで約350万円の出費だったということです。

これでも結婚式の平均費用が約490万円ということを考えると、約140万円の節約になっています。


まとめ

結婚式のどの部分を手厚くするかはその家で違いますし、二人の価値観によっても異なってきます。

人間関係を大切にしたい二人なら、挙式や披露宴、披露パーティーに費用をかけたいでしょうし、ムダな経費は省きたいという二人なら、削減できるところを二人でつめていくのもいいでしょう。

しかしながら、女性によっては結納や婚約指輪、結婚指輪にかかる費用をあまりにも削減されると、自分を大事にしてもらえていない感覚になってしまう人がいるのも事実です。

女性のそんな気持ちを大事にしつつ、折り合いをつけていけるような進め方ができるといいでしょう。

結婚準備期間中は、細かい取り決めや相談が重なり、面倒なこともありますが、人生のなかでもとても幸せな時間なのには違いありません。

これから始まる結婚生活がより素敵に幸せになるように、お金のことは特に二人三脚でよく相談し合って決めていきたいものです。

それにしても、お金がいくらあっても足りませんよね…涙

結婚なんてするもんじゃない?メリットを感じないポイント4選

緊張するよね…結婚の挨拶に手土産っているの?

勢いで結婚するのは危険?恋愛との決定的な違いとは?

結婚相手の選び方は?決め手になる6つのポイント


  関連記事