*

排卵日とおりものの関係とは?もし黄色や茶色だったら?

      2017/04/30

排卵日とおりものの関係とは?もし黄色や茶色だったら?

おりものの色から分かる病気のサインについて、そしてデリケートゾーンの臭いに悩んでいる人におすすめのケアの仕方を紹介します。


排卵日とおりものの関係

さっそく本題ですが、排卵日におりものは出やすいですが、おりものだけでは排卵日とは決めつけられないって知っていましたか?

ホルモンバランスが乱れることも多く、いろんな事情や状況でおりものって出ますよね。

排卵日のおりものは、出ない人もいます。

排卵日付近に無色透明のにおいのないおりものが出ることもあります。

人によって違いますから、絶対とは言えないです。

排卵日が一番妊娠しやすい

妊娠しにくい日は生理前だと勘違いしている人もいますが、そうとは限らないです。

人によって排卵する日はまちまちなのです。

基礎体温をつけていないと、あなたの排卵する日はいつごろだよとは言えないはずです。

余談ですが、妊娠したくない人は基礎体温を測って排卵する日付近の行為を避け、必ず避妊具を使うことです。

生理日と排卵する日の周期がわからない方は、手帳などに基礎体温をきちんと測ってメモしておくといいです。

排卵日が一番妊娠しやすい

子宮頸管粘液は精子を導く役割を果たします。

おりもの以外の、粘度のあるべたっとしたおりものは子宮への細菌感染を防ぐため、酸性になっています。

おりものがでると、膣の中が精子の好む中性からアルカリ性に変化するので、精子が元気に子宮まで昇っていくことができます。

精子はご存知の通りおたまじゃくしのように泳いで進むので、この豊潤のオリモノが、それを後押しするのです。

排卵とは、卵子を包んだ袋が破裂して、卵子が飛び出てくることです。

排卵した後、卵子を包んでいた袋は黄体とともに変化し、この黄体から子宮内膜をふかふかにさせようとします。

ホルモンが分泌され、子宮内膜にどんどん蓄積されます。このホルモンの作用で体温が高くなり、高温期と言われる時期になります。その時が妊娠しやすいです。


おりものの色が茶色や黄色に変化したら?

おりものの色が茶色や黄色に変化したら?

おりものの色や量は、一人一人違うので、友人などに訊いてみてもあまり参考にはなりません。

また、同じ人でも身体の周期や性的な刺激などによって、その量が変化します。

しかし、おりものは身体の状態を知らせてくれていることもあるので、注意して観察をするのは良い事です。

おりものは透明や白濁色、少し黄色っぽいこともある。

おりものは透明や白濁色、少し黄色っぽいこともある。

下着などに付着すると色が変わってしまうこともあります。

ヨーグルトのような白い固形物は病気の可能性があります。

よくあるカンジタなどが多いですが、服薬ですぐに治るものがほとんどです。

ただし、検査をしない限りは決めつけられないです。

膣内には自然に乳酸菌が存在しているので、おりものは甘酸っぱい臭いがすることもあります。

おりものを煩わしく思うことがあるかもしれませんが、外敵から大切な部分を守るのに一役買っているのです。

おりものが茶色や黄色、黄緑色などに変化した場合、何らかの病気のサインであることがあります。

いつもの色と違うだけでなく、異臭や悪臭がする場合や痛みや痒みを伴う場合は注意が必要です。

変化があったら早めに医師の診断を受ける

変化があったら早めに医師の診断を受け

何かしらの変化があった場合は、自己判断せずに早めに医師の診察を受けるべきです。

病気の種類によっては、不妊の原因となることもあるからです。

おりものが黄色や黄緑色になっているときは、卵管や子宮、膣などが炎症を起こしていることがあります。

こうした部分に大腸菌や淋菌、クラミジアが侵入することでそうした炎症が起きます。

悪臭を放ったり、痒みを引き起こすなどの不便があるだけでなく、不妊につながる症状ですから、早めに治療を受けましょう。


クラミジアなどは自覚症状がないこともあります。

茶色のおりものに関しては、最悪の場合は子宮がんやポリープ、不正出血などが疑われます。

上記のような症状は、放置すると大変なことになる可能性もあります。

でも早めに治療すれば、抗生物質を飲んで治ることも多いので、とにかく早めに対処することが大切です。

また、性病などの伝染性の病気が原因の場合、自分だけが回復してもパートナーに原因となる菌などが残っていれば、再び移し合ってしまうことになります。

二人とも治療を受けて浮気をしないことが大切です。

臭い大丈夫?デリケートゾーンのお手入れをしよう!

臭い大丈夫?デリケートゾーンのお手入れをしよう!

ところで、デリケートゾーンのお手入れは出来ていますか?

普段なかなかお手入れしづらい部分でもあるので、気になってはいるけどそのままにしている人も多いようです。

デリケートゾーンはそのままにしておくと、蒸れるし臭いも出るので注意が必要です。

自分では気付きにくいのが厄介なのですが、人によってはおりものや生理の日になると特に臭いが強くなる人もいます。

そんなデリケートゾーンの臭いや黒ずみをスッキリ落とせるというジャムウハーバルソープが大人気。

これはデリケートゾーン専用の石鹸となっているので、いつものボディソープで身体全体を洗った後に部分的に使うのがおすすめ。

石鹸なのでとても長持ちするのもポイントです。日頃からデリケートゾーンが気になっている人におすすめ!

ジャムウハーバルソープ公式サイト▼▼
≪TV・雑誌でも話題≫2分に1個売れているニオイ・おりものケア!




  関連記事