*

これでスッキリ!彼氏と後腐れなく別れる方法

      2017/04/26

これでスッキリ!彼氏と後腐れなく別れる方法

自分としては、『やっと別れることができてスッキリした!』そう思っても、相手が中々納得してくれないこともありますよね。

中にはしつこくメールや電話をして来たり、また会おうと誘われる…なんて経験がある方もいるのではないでしょうか?

もう「別れたい」と心に決めたのであれば、ハッキリと行動に移しましょう。

ここでは、お互いに後腐れなく別れる方法を紹介しますので、スッキリして新しい一歩を踏み出しましょう。


突然の別れを切り出さないこと

相手が鈍感であればあるほど、「突然別れようと言われた!」と思われかねません。

そうなると、「先日まであんなに仲良くしてたのに、別れるなんてなにがあったの!?」と彼氏はパニックに陥ってしまいます。

当然こちらとしては良い関係ではなかったと感じているでしょうし、ずっと我慢していて最終的に出した答えなのでしょう。

でも相手にとっては青天の霹靂。

尽くすタイプの人ならなおさらそう思われてしまいます。

そうなると、彼氏はいつまでも引きずりやすくなってしまうものなのです。

前もって「もう私たちはダメかも知れないね…」などの別れを匂わせつつ、ハッキリとした言葉で徐々に別れる方向に持って行くようにして下さい。

ある程度の時間をかけながら伝えていくことが大切です。

借りていたものはちゃんと返しておく

借りていたものはちゃんと返しておく

物の貸し借りも人との繋がりです。

むしろ仲のいい人としか貸したり借りたりということはしないですよね。

だからこそ、長く借りていたものをしっかりと返す。

もしくは、貸していたものを返してもらうというのは、別れるための準備になります。

特に彼氏の家に私物を沢山置いてある方は、それを徐々に自宅に持ち帰るようにしましょう。

貸し借りの対象がお金の場合は、今後トラブルになることも考えられますので、別れを切り出すまでにスッキリさせておいてください。

後になって会うための口実に使われることもなくなりますし、彼氏ももしかして…?と気づいてくれるかも知れません。

なかには貰った物まで返せという人もいますので、大袈裟ですが頂いた物も返してしまうのも良いかもしれませんね。

過去にプレゼントされた指輪などの貴金属に関しては返す人も珍しくありません。


きちんと会って話をする

きちんと会って話をする

「顔を見て別れ話はしにくい…」

と、あまり長い付き合いじゃない時は、メールやラインでさっと済ませてしまう人も増えています。

でも、相手がもし本気で自分のことを好きだったら、それは本当にひどいことだと思いませんか?

文字だけで別れを一方的に切り出してしまうと、彼氏は言いたいことも言えずにモヤモヤのまま終わってしまいます。

自分は別れたいわけなので「会わない方が楽だし」といったように、自分さえよければ良いと考える人が増えています。

そうして納得できないままだと、当然彼氏には後腐れが残り、自分にとっても良くありません。

よほど彼氏に何か問題があって会わない方が良い場合を除いては、できるだけ会って自分の意思を伝えましょう。

その場でちゃんと別れることを認めてもらうようにすれば、後から出てくるトラブルも少なくて済みます。

ただし、相手の性格によっては会わない方がいい場合もあります。

暴力を振るうなど、危険を感じる場合は無理に会わないようにしましょう。

相手の話を最後まで聞こう

相手の話を最後まで聞こう

心を決めてしまえば、相手の言い分はどうでもいいことに思えてくるでしょう。

しかし、ここでちゃんと聞いておくことが、後々の気持ちいい別れに繋げるために避けては通れない行動となります。

相手側に未練がある場合、何とかして気持ちを繋ぎとめようとすることもあるでしょう。

  • 「これからはもっと○○するから…」
  • 「もうあんなことはしないから…」
  • 「また、やり直したい」

なんて、交換条件のようなものを出してくることも。

しかしここで折れてはいけません。

彼氏の話を最後までちゃんと聞いた上で、それでも別れる気持ちが変わらないことを理解してもらうことが大切です。

うっかり自分の意見がぶれてしまわないよう気を付けましょう。


第三者を交えての別れ話

もし相手が興奮しやすく話し合いにならないことが予想されるのであれば、共通の友達であったり、自分が信頼できる知人に同伴してもらうことをおすすめします。

どうしても二人きりだと自分を抑えきれず話が進まないことが考えられますから、できるだけ人目のある場所で別れを切り出す必要があるのです。

ヒートアップしてきたら一呼吸入れてくれる、そんな人と一緒に別れ話をするのも後腐れを残さない一つの手です。

また、どうしても自分から切り出せないという人は、第三者から話してもらうのも良いでしょう。

顔も見たくない場合でも、第三者がいるとスムーズに話が進みますので、とても助かるものです。

どうしても第三者を交えられない時には、家ではなくカフェやファミレスで話をするのもいいでしょう。

まとめ

じわじわと別れの雰囲気を醸し出していく。

そして、話をする時は彼氏がきちんと「わかった、別れよう」と言ってくれるまで、とことん話あうことが大切です。

そして、急に冷たくしたり態度を変えてしまったりすると、危険な目に合う事もあるかもしれません。

相手が男性の場合でも女性の場合でも、急変してまう人もいるのでよく考えて慎重に別れ話を進めていくようにしましょう。

せっかく次へ進む決心をしたのなら、後腐れを残してお互い嫌な思いをしないよう、最後まで相手の事を考えて別れ話をするようにして下さいね。




  関連記事