*

綺麗なお姉さんのようないい匂いがする香水の付け方

      2017/04/26

綺麗なお姉さんのようないい匂いがする香水の付け方

綺麗なお姉さんと街ですれ違ったりすると、すごくいい匂いがして振り返ってしまうことはありませんか?

綺麗なお姉さんと聞くだけで『=いい匂い』と思ってしまうのは不思議ですよね。

なぜそんなにいい匂いを漂わせているのか?

今回は、美人と香水について検証してみたいと思います。

美人はどんな香水の付け方をしているの?

いい匂いということだけに注目すると、実際のところは特別に綺麗というわけではない女性からもするものですし、男性からも感じることだってあるものです。

綺麗なお姉さんたちだって、特別な匂いを漂わせているのではなく、他の人たちと同様に化粧品の匂いであったり、柔軟剤やシャンプー類の匂い、コロンや香水の匂いをさせているだけです。

何も、彼女たちが特別なことをしているわけではありません。

見た瞬間に綺麗だと感じる女性とすれ違った時に、綺麗な女性はいい匂いがするものだと思い込んでしまっているだけなんですよねきっと。

綺麗なお姉さんというのも人によって定義が変わってきてしまうかもしれませんが、やっぱり清潔感は非常に大切ですよね。

見るからに不潔そうな人とすれ違った時、香水などの匂いがしたとしても、臭いと感じてしまったりします。

化粧のケバい女性が香水の匂いをぷんぷんさせながら歩いていたら、やっぱり良い香りだなとは思いませんよね。

清潔感が重要なポイント

清潔感が重要なポイント

顔立ちは普通なのに美人扱いされている女性は、雰囲気がすごく魅力的な場合が多いです。

独特な空気をまとっていたり、色気があったりしますから、雰囲気作りというのも大切になってきます。

いい匂いのする綺麗なお姉さんに自分もなりたいと、憧れている人たちが多くいます。

もし自分は美人ではないと思い込んでいるんだったら、まずは清潔感のある身だしなみを心がけて、自分にしか出せない雰囲気を出せるように研究することから始めてみてはいかがでしょうか。

シャンプー類や化粧品類、柔軟剤だけでも十分にいい匂いを漂わせることができるのですから、自分だけの美しさを認めて大切にすることが肝心です。

女性はそれだけで美しいのですから、自信を持つことが大事です。

香水の付け方によって匂いが変化する?

綺麗なお姉さんはどんな香水の付け方をしているのか

自分の好きな香りのするフレグランスをゲットすると嬉しい気持ちになりますよね。

自然にいい匂いを一日中保たせたりするのはなかなか難しいものです。

ここでは、香水を上手に使うために気をつけることをいくつか紹介したいと思います。

あなたもすれ違った人を振り返らせるような香水美人になれるかも!

香水は香料とアルコールで出来ている

一般的には香料の濃度が高くなるほど香りの持続時間が長くなっていきます。

それに合わせて、オードトワレとかオードパルファムとか香水の種類が変わるのです。

香水は肌に付けた瞬間にアルコールが揮発して、時間がたつにつれて徐々に香りが変化していきます。

香りの時系列としては、トップノート⇒ミドルノート⇒ラストノートの順番になります。

付ける人の体温と肌質で匂いが変化する

体温が高い人は一番最初に香るトップノートが飛びやすく、匂いが変わりやすいと言われています。

また、乾燥肌の人も同様に香りが変わりやすい傾向にあります。

夏と冬の季節を思い出して欲しいのですが、夏は湿度も気温も高いですよね。

空気もモワ~っとしいて嫌な臭いを感じやすいですが、冬はカラっとしていて気温も寒いのでにおいを感じにくいです。

それと同じなんですね。

同じ人でも、付ける気候やその時の体温によって香りの種類や強さまでもが変わってしまうとてもナイーブなものなのです。

それなので、冬に付けていた同じ量を夏につけると、かなりキツく感じてしまうこともあるので注意が必要です。

美人な雰囲気を出せる香水の付け方

美人な雰囲気を出せる香水の付け方

肝心な香水の付け方ですが、最初に手首につけて両手首にこすりつけてから、その手首を首筋につけて~、というやり方をしてはいませんか?

テレビなんかでもよく見るなんとなくツウっぽい付け方ですが、

実はこの方法はNG!!

こすりつけてしまうと香りの成分が壊れてせっかくのいい香りが台無しです。

正しい香水の付け方は、プッシュしたら少し時間を置くようなイメージで、ポイントは香りを落ち着かせること。

香水はできるだけふわ~と全体が包まれて香るように付け方を工夫するのがベスト。

一か所に集中しないように分散させて下さい。

もし一か所にたくさん付着してしまった場合は、軽くトントンとする程度に他の部位に移しましょう。

香水の付け方はこちらのサイトも参考にしました。

【香水の種類と選び方】人気のあるおすすめの香りはどれ?

香水を付ける部分

香水を付ける部分は手首、足首、お腹、太ももなどがさり気なく香るのでおすすめです。

どうしても上半身ばかりになりがちですが、イメージとしては下から上に匂いが上るような感じで足首や太ももの裏など、下半身にもまんべんなく付けましょう。

また、匂いがなくなったと感じても、自分の鼻が慣れてしまっているだけかもしれませんので、何度も付け直すのではなく、4~5時間は空けてから付けるようにしましょう。

基本的に香水は4~5時間ぐらいは持続するような作りになっているからです。

注意点ですが、付け足す分にはいくらでもできますが、付けてしまったものを取り除くのはできませんので少しずつ付け足すようにして下さい。

香水の保管の仕方

香水はとてもデリケートな液体です。

かわいい容器に入っていて、それだけでもインテリアとして飾りたくなるものですが、直射日光や高温多湿の場所には絶対に置かないでください。

基本的にアルコールがメインで出来ていますので腐ったりはしないのですが、少なからず香りは変わったり劣化したりします。

毎日、本体から直接出したりスプレーしたり普通の使い方をするだけでも劣化します。

小分け用のアトマイザーなどを使い、本体は元の箱に入れてしまっておくなどの方法をとると劣化が防げます。

せっかくのいい香りを壊さないためにも付け方と保存方法に気をつけましょう。

綺麗なお姉さんの雰囲気を醸し出せる香水があった!

たかが香りですが、されど香り。

香りは人の五感を刺激します。

美人はいい匂いがするというイメージもその結果ですよね。

いい匂いをまとえば、きっと雰囲気美人には思わせることができるので正しい香水の付け方をマスターして下さいね。

色気のある綺麗なお姉さんになれる香水!
 【an・an掲載】たまらない…と、彼にドキドキの衝動『ベッド専用香水』


  関連記事