*

小顔に見えるようになる?似合う髪型を見つける方法

      2017/06/01

小顔に見える似合う髪型

毎日同じような髪型では生活にハリが出ません。

会社の同僚とは同じように一緒に過ごしているのに、彼女の方が輝いて見えるのはどこが違うのかと考えていたところ、それは髪型であるということに気がついたのです。


自分に似合う髪型を見つける方法

自分に似合う髪型を見つける方法ってどうすればいいのだろう?とモヤモヤ悩んでいました。自分に似合う髪型を見つけることができれば、周りからの評判がよくなると言うこともわかっています。

しかし自分でこの顔に似合う髪型の見つけ方がわからないのです。

そこで通っている美容院の美容師さんに相談をしたところ、似合う髪型の見つけ方は好きや嫌いの感性だけではなく、一人一人の髪質や頭・顔の形など、そしてさらにはその人が醸し出す雰囲気などの個性によっても違うと言うことを教えてもらいました。

私はそれから、自分を客観的に見ることに徹してみたのです。

何十年も生きてきたのに、意外にも自分のことが見えていないということに驚きました。

まずは自分の普段の生活スタイルを考えてみます。

まずは自分の普段の生活スタイルを考えてみます。

髪型を考える上で、着なくなった服やファッションについて思い出してみます。

それが自分の好みや雰囲気に合っていないと言うことや、自分の体型に合っていない、流行に乗り遅れた、など理由からその服を着なくなったと言うことが考えられます。

これって言い換えれば、その条件をすべて満たすことができるのが自分の理想的なスタイルなんじゃないかなと。

次に自分の見た目の特徴を正しく捉えると言うことが大切です。

自分の顔つきや体つきや背の高さなどというような外面的な特徴や、性格や雰囲気など内面的な特徴などを考えていきます。そして最後に自分の顔の輪郭を診断するというものです。

似合う髪型はひし型、そして小顔に。

似合う髪型はひし型、そして小顔に。

基本的に顔と髪を組み合わせたときに、そのシルエットがひし形になるというのが似合う髪型のための最大のポイントとなるそうです。

そういうのを黄金バランスというそうで、小顔にも見えるんだとか。例えば、顔が長いという人はサイドにボリュームを持たせる方法が効果的。

顔がベース型、私もそれが一つのコンプレックスになっていたのですが、この場合はエラが張っているため、顔にコーナー(角)できて男性的なイメージになりやすい。

これを補正するために、緩やかにカールするヘアスタイルが女性らしさを出すことができる方法と言うことなのです。早速、ヘアアイロンで毛先にゆる巻きを試してみることにしました。

いままではサイドの髪の毛を長くして、エラの部分を隠すと言うことばかりに意識をしていました。

あえてゆるく巻き髪にすることで柔らかさがでて、それでいてエラの部分の輪郭を上手くぼかすことができたのです。

そしてトップにボリュームを持たせて、全体的にふんわりとした雰囲気に仕上げることで不思議なくらいエラの部分が見た目に気にならなくなりました。

この髪型で顔もすっきりと小顔に見えるようになりました。


誰にも似合う髪型とは小顔に見える髪型だと思った!

誰にも似合う髪型とは小顔に見える髪型だと思った!

私は子供の頃から特に意味も無く、ロングヘアにしていました。女の子だから髪が長いのが当たり前という感覚だったのかもしれません。似合う髪型かどうかなんて、全く意識していなかったのです。

そして中学校に入学し、運動部に所属したことをきっかけにそれまでずっと伸ばしていた髪の毛を50センチ程度、バッサリと切ってショートヘアにしてみました。

これが思いのほか周囲からの評判が良く、小顔になったとか頭が小さくなったとか言われて、私は中学生になって初めて似合う髪型というものを意識するようになりました。

ショートヘアといってもいろいろなヘアスタイルがあり、私は美容院へ行くたびにどんどん短いヘアスタイルをオーダーするようになりました。

しかし、私の髪質ではあまりにも髪の毛を短くしてしまうと、ヘアスタイルがなんだかボリュームがなさすぎておかしな感じになってしまうのです。

この頃になって、雑誌などで自分に似合う髪型や小顔に見える髪型について少し勉強するようになりました。髪質はもちろん、顔の輪郭などによっても似合う髪型は違うのだということがわかりました。

それ以来、美容院へ行くと自分の意見だけではなくて担当してくれる美容師さんのアドバイスも聞き入れ、自分に似合う髪型にカットしてもらうようにしました。

そうしていろいろなヘアスタイルを試してみて、自分にとってベストなヘアスタイルをみつけることができました。

それは、自分にとって一番顔が小さく見える髪型でした。雑誌やテレビで小顔についてとく特集されていますが、小顔って大事なんだなって再認識しましたね。

その後、しばらくの間はそのヘアスタイルを続けていましたが、成人式を1年後に控えた頃に祖母から振袖を買ってもらう条件として髪をまた伸ばすことになりました。

成人式ではしっかりとアップして振り袖で写真を撮って思い出にしたかったのです。髪を伸ばしてセミロングほどになった時に、やっぱり自分には似合わないなあとつくづく感じました。

なんだか顔が強調されて大きく見えてしまうのです。成人式が終わるとすぐにカットし、自分のお気に入りのヘアスタイルに戻しました。

現在もショートヘアなのですが、美容院へ行くたびに少しづつヘアスタイルを変えてみたりして、自分なりにその変化を楽しんでいます。

毎回カットしてもらったあとにスマホで写真を撮っているのですが、ちょっと髪型が違うだけで全然違う顔に見えるのです。

とにかく顔の大きさの見え方が違うんです。やっぱり女の子は、小顔になれるのが一番良いです。最近ではそれなりに年齢を重ねたので、少しでも若く見えるように・・・と悪戦苦闘しています。

顔は輪郭や目鼻立ちなど人によってまったく異なるもので、その人にとって似合う髪型も人それぞれです。

もし自分に似合う髪型にまだ気付けていないのでしたら、いろいろなヘアスタイルにチャレンジして、自分にとってベストなヘアスタイルを探すことをオススメします。

私が一番小顔に見える髪型は、顔周りを長く残してトップにボリュームをもたせるという方法のショートヘアです。

これは良く言われるひし形で小顔効果を狙ったものですが、なぜショートなのかというと、私の髪質からしてショートにしないとトップにボリュームが出ないからです。

髪の毛の長さがあると、その重さでぺちゃんって潰れてしまうので、短くすることによってボリュームを出しています。ぜひ試してみて下さいね。目指せ小顔美人!

なお、小顔になる方法が今話題となっています。こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

モテ小顔ラボ公式サイトはこちら

⇒ 小顔に見える?思い切って髪型をショートに!


  関連記事