*

女性の魅力は容姿だけじゃない!「賢い女だな」と思われるポイント5選

      2017/04/26

女性の魅力は容姿だけじゃない!「賢い女だな」と思われるポイント5選

いまの時代、特に女性は容姿ばかりが取り沙汰されていますが、女性の魅力は容姿に限らずその品格にあります。

メディアに釣られ、メイクやファッションなどの容姿ばかりに注目している女性が量産されている始末。

しかし、今も昔も男性から好まれる女性の特徴として「賢さ」は必須スキルです。

見た目の可愛い、綺麗以前に、「バカな女」を好きになる魅力的な男性はいません。

どれだけ容姿が魅力的であっても、それだけではただの「中身のない女」「残念な女」としか思われません。

容姿は持って生まれるものですが、賢さはその人の人生や人柄が反映されていると言えます。


また、賢い女性といってもいろいろな解釈があります。

単に、勉強の成績が良いということをいうときもありますし、生活力があるという意味で使われることもあり、色々な意味合いがあります。

世間で「賢い女だな」と思われる人というのは、いったいどういう女性をいうのでしょうか。

賢い女を目指すためにも、その特徴を見ていきましょう。

話題が豊富

話題が豊富

「賢い女」だと思われる女性というのは、話題が豊富でどんな会話にも自分の意見や感想を述べることができます。

ですから、話題によって退屈した表情をしたり、つまらなそうにするということがなく、相手を嫌な気分にさせないのです。

知識も豊富で、相手にとっても会話の途中で飽きるということがありません。

つまり、話題が豊富ということは、普段からさまざまなことに興味をもって接しているということがわかります。

情報収集を「面倒がらない」、そして、興味が多方面にあるということで「いつまでも脳が若い」ということがわかります。

控えめでありながら存在感あり

控えめでありながら存在感あり

話題が豊富だと、いろいろなお話に参加することができます。

でも、場の空気や自分の立ち位置、役割をしっかりわきまえていないと、単なるおしゃべりさんになってしまい、賢い女からは程遠いものとなる可能性も出てきます。

「私が!私が!!」

と、自己顕示欲が強過ぎると、これは周囲から見ても大変残念な人になります。

自己顕示欲の塊『かまってちゃん』な女が急増中!

話題が豊富なだけでなく、場を読み、自分の役割や立ち位置をわきまえた言動ができれば、周りから「賢い女」だと思われることでしょう。

賢い女は感情に流されない

よく女性は「感情のイキモノ」と言われます。

つまり、理性よりも感情が先立つ性質であるため、ついつい愚痴を言っていたり、文句をつぶやいていたり、ときに取り乱して泣きだしたりすることも有ると思います。

男性にもイライラをすぐに表に出す人はいるかもしれませんが、女性のほうがより感情に流されやすく、精神的にも影響を受けやすいものです。

こういった女性ならではの特性をきちんと認識し、理解して、自分の感情をコントロールできている女性は賢い女だといえます。


空気を読んだ気遣いができる

空気を読んだ気遣いができる

気遣いができる人といっても、その気遣いが人を疲れさせることもある・・・ということがあります。

「気遣いの押し売り」というように、気遣いをされることで疲れてしまう人も実際います。

たとえば、飲み会の席でお酒をついだり、なくなったら注文したり、お鍋の具を取り分けてくれたり・・・と、自分が楽しむひまがないくらいせっせと面倒を見てくれる女性が時折います。

こういう気遣いを有難いと思う人も確かにいますが、「自由にやりたいんだからほっといてくれ」と思う人も同じくらいいることに気がついているかいないか?つまり、空気を読めているかいないか?で、賢い女か賢くない女か?が分かれます。

何もやろうとしない人よりは「デキる女」であることなのは確かですが、やりすぎはかえって周囲にプレッシャーをかけてしまうだけの結果となるので、これではせっかくの気遣いも本末転倒です。

「気遣いの出来る女性」のつもりが、「私が!私が!!」になって、結果的に「自己顕示欲が強い女」とならないように注意しましょう。

最悪の場合、雑誌のモテる女特集を受け売りした「バカな女」と思われかねません。

自分のマイナス面を常に向上させる

自分のマイナス面を常に向上させる

賢い女は、変なプライドは持ち合わせません。

プライドが邪魔して、自分の悪い面を改革できないからです。

ですから、「あなたのこういうところがよくないわね」と指摘されたら、「ありがとうございます。よろしければ、もっと具体的に教えてもらってもよろしいですか?」と謙虚に教えを乞います。

ですから、ますます素晴らしい賢い女になっていけるのです。

逆に、賢くない女はどんなかというと、自分の悪い面を指摘されるとせっかく指摘してくれた人に対して「何よ、あの人。感じの悪い人よね」といってその人を悪者にするのです。

そんな文句を言っている自分こそが感じの悪い人間になってしまっている、ということにも気づけません。

賢い女は、自分を向上させてくれる言葉や人を常に、あらゆる方面から受け入れ、取り入れ、自分の人間性、知恵、技術などの糧とします。

当然、人間ですから褒められたりするほうが気分がよく、悪いところを注意されれば気分はもうガッカリ、くよくよとしてしまったりもあるでしょう。

でも賢い女は、「自分が向上していける」という点にプライドを持っているため、注意されることも指摘されることもプラスとして捉えます。


まとめ

賢い女性は、今の自分の言動が周囲や次の場面でどう影響し、反映されていくのかを読める人です。

まさに「空気が読める」ことに尽きます。

ですから、飲み会で程良い気遣いができますし、会話も程良い量と質のお話ができます。

たとえばキャバクラ嬢は、一見すると「軽い女」「したたかな女」というイメージを持たれがちですが、そういった意味では「賢さ」を感じさせる女性も多いようです。

その職業柄からも当然かもしれませんが、上記で挙げた「賢い女」の項目にまさに当てはまっている人が多いといえます。

また、仕事ができる女性は、仕事上で注意や指摘を受けたときに自分の反応次第で、次の自分のキャリアにどう影響してくるかも予測できます。

もし、感情にまかせてそこでキレたり文句や言い訳を言ったりしたらどうなるかがわかっているのです。

こういう冷静な判断ができるためには、まず感情面をコントロールできなければなりません。

賢い女とは、湧き出る感情さえ自由にコントロールできるくらいの度量を練ってきた、気遣いと立ち振る舞いを兼ね備えた人であるといえます。

「こいつ、うざい女だな」と思われてしまう特徴とは?

どういう意味?したたかな女とは?

男性からみた『いい女の条件』とは?


  関連記事